日記【当日】

2013-11-10

皆様、おはようございます。とうとうこの日がやってまいりました。リーグ戦最終戦 vs岡山大学 昨夜はそれぞれいろいろなことを思いながら眠りについたことでしょう。私たちは私たちが信じたことをやってきました。ポストシーズンへの進出が必ずしも断たれたわけではありません。そんな中、私たちが今やるべきことは「岡山大学に勝つこと」ただそれだけです。それだけを目標とし、戦ってきました。

それでは、試合前日、我らが主将、副将に意気込むをインタビューしてきました!

主将 社領 基

今このチームにできることは岡山大学に全力で勝ちに行くこと。この三週間それだけを考えて必死に練習してきた。まず気持ちで圧倒して、二部昇格のために必ず勝って次に繋げたいです。

副将 花原 隆史

前節の敗戦を胸に、この3週間岡山大学に勝つことだけを考えて練習に励んできました。副将として後輩に何か残せるよう、最後の最後まで気持ちのこもったプレーでディフェンスを引っ張っていきます。応援よろしくお願いします。

 主将は、口下手ではありますが、100名いるチーム関係者どの人たちよりも熱い思いを持った男です。彼はプレーで私たちに語ってくれます。今日の試合も、彼はプレーで見せてくれるはずです。誰も寄せ付けないスピードでフィールドを駆け抜けます。

副将は、主将にないものを持っています。主将の右腕となり、私たちを支えてくれました。頼れる優しい男。でもその優しさの中には熱い心と闘志を持っています。その熱いプレーを今日の試合でもみせてくれることでしょう。敵に必死に食らいつき、ハードタックルを繰り出す。

 

そろそろ、エキスポフラッシュフィールどへの出発の時間が迫ってきています。雨がしんしんと降り続く中、私たちは戦いへ出発します。戦いの直前には雨があがり、私たちを応援するように「太陽」が笑顔を見せてくれるのではないでしょうか。あとは、気合と熱意それだけをぶつけるだけです。

ホームページのご覧の皆様、ぜひ私たちTRAILBLAZERSの勝利を祈っていてください。そして、試合会場にご来場頂き、応援の声をよろしくお願い致します。

それでは、試合会場で、お待ちしております。

文責:桑城 志帆